• Yoji Yoshizawa

大阪城ホールイベント中止の件

台風19号が日本に接近しているというニュースが流れ始め、事務所からも当日のイベント開催の有無、宿泊日程の変更の相談を受ける中、思い出されたのは39年前、ロスの200周年記念「ストリート・シーン」から帰国した時のことです。そのまま、国内コンサートへ向かうということで、メンバーは、家族と空港内でしばしの顔合わせの後(たしか刈谷だったと思うのですが)、会場へと移動しました。この時点で、台風のニュースは入っており、開催が危ぶまれていたのですが、皆で会場入りしました。鮮明の覚えているのは、ベースの富やんと楽屋で話していると、マネージャーの「若」が「中止」を告げに来た場面です。なんとはなくですが、こういったシチュエーションが再現されるような気が頭をよぎりました。


大阪への出発は、11日に予定されており、10日の時点で事務所は、出発前にキャンセルの決定が出るかもしれないが、主催のよみうりテレビの判断待ちということでした。そこでタクシーをシェアするミッキーと相談し、新幹線の発時間にいつもより30分ほど余裕を持たせて11日の予約をしました。10日の夜には、事務所から11日午前中に主催者側の決定が出るとの連絡があり、11日のお昼前、出発予定時刻直前に、大阪行きに青信号が出ました。 13時過ぎの新幹線で、無事、大阪入りし、すぐリハーサルが始まりました。ゴダイゴ、ゴダイゴホーンズ、コーラス二名、YTV局アナの森たけしさん、そして嘉門タツオさんといったメンバーで番組の曲を2時間ほどかけて合せた後に、ホテルへ。 部屋でしばし休憩した後、12日朝の出発が9:15ということで早めに就寝しようとお風呂に入って一息ついていると、佐々木社長から「明日はキャンセルです。今だったら新幹線間に合いますが、如何されます?」と電話が入りました。帰宅組は、竹越くんと私のみ。ミッキー、浅野氏、トミーは当初から12日以降の帰京予定でしたし、タケはそのまま大阪で台風をやり過ごすという判断だったのでしょう。 二人で新大阪へ着くと、駅は結構な混乱状態でした。みどりの窓口も閉鎖されていたので、そのまま持っていたチケットでプラットフォームへ行くと、次に到着するのぞみが、本日の名古屋より先(新横浜、品川、東京)への最終とのアナウンス。自由席は大阪着前の時点で乗車率150%とのことでした。 アナウンスでは、すべてのお客様が乗車できないかもしれませんとのことでしたが、二人で乗車することができました。大阪~名古屋間は通路で立っていたのですが、その先からは、竹越君の尽力もあり、座れました。心配された新横浜からのタクシーも待ち行列は50人ほどで、0時過ぎには無事、帰宅することが出来ました。 さて、今回の共演者(結局リハーサルだけでしたが)のおひとりは 嘉門タツオ さん。この方とは、Debut!で神戸のメリケンパークのイベントに出演した時にお会いしたのを最後に30数年ぶりの再会でした。 今回のイベントを楽しみにしてくださっていたお客様にはキャンセルとお気の毒な事態となってしまいましたが、お客様を含めた関係者全員の安全を第一に考えた正しい判断であったと思います。台風による荒天は、東海・関東では今夕から本格化とのことですが、Stay Safe!




©2015-2020  Yoji Yoshizawa