• Yoji Yoshizawa

空気中に消えさる音

最終更新: 2019年3月4日

赤坂のJazz Projectの2日後は、横浜の老舗ジャズクラブ、ドルフィーで吉澤x吉見Duoです。こちらは赤坂とはまったく異なる音世界を二人の即興でお届けします。 毎回のことですが、即興演奏の素晴らしいところは、その場で聴いていただいている方々もその創造プロセスに参加していただいているところです。 「ドルフィー」と聞いて、まず脳裏に浮かぶのは1964年に36歳の若さで亡くなった、マルチリードプレーヤーのエリック・ドルフィーです。死の直前に録音され、没後リリースされた「Last Date」の最後には本人の声が入っています。 “When you hear music,after it's over,it's gone in the air. You can never capture it again. “ 「音楽が終わると、音は空気中に消え去ってしまう。それを再び捕まえることは誰にも出来ないのだ」 音は空気中へと消え去りますが、その時空間を共有したオーディエンス、演者双方の心にはその残像が刻み込まれます。 3月4日は、私たちと一度きりの音世界を共有していただければ幸いです。


28回の閲覧

©2015-2020  Yoji Yoshizawa