• Yoji Yoshizawa

竹原獣医科医院

最終更新: 2019年6月17日

昨年蓼科にいる時からEddieの泪目が酷く、まずは茅野のカレンタック動物病院で薬をもらいました。その後、ファミリードクターに見せていたのですが、薬服用をやめるとまた再発するので動物の目の専門医を探して行ってきました。川崎にある竹原獣医科医院です。


行きはドライブがてら府中街道で川沿いを走ってあげました。場所は川崎球場のすぐ近く。私は外で車番。最初EddieとOzzie二人とも病院内へ入ったのですが、オーちゃんは病院が怖くなり車の中で私と待つことに。 同伴した妻によるとお医者さんが多く、院長先生の診断後は美人の女医さんに処置をやってもらったそうです。設備も、とても充実していたとのこと。


やはり専門医に見せて良かっです。犬には人間に無い第三眼瞼(だいさんがんけん)あるいは瞬膜というものがあり、Eddieはそこに炎症があるとの診断でした。これまでのカレンタックやファミリードクターの玉川動物愛護病院も間違った診断・処方はしていなかったので、早期発見、早期治療で悪化を抑えられていたとのこと。薬が終わったらまた通院です。


3回の閲覧

©2015-2020  Yoji Yoshizawa