• Yoji Yoshizawa

私の音楽的ルーツ(4)

クラシックギターは何と言ってもこれです。Decca盤を擦り切れるほど聴きました。セゴヴィアがクラシックギタリストではなく、不世出の芸術家であることに気付いたのはその後、ブリーム、イエペス、ウィリアムズのレコードを聴いてから。3人ともスーパークラスのギタリストですが、セゴヴィアとは次元が違う、所謂、クラシックギタリストです。

 

譜面はショット版でしょうね。暗譜、というか指が覚えています。録音された演奏はそのまま譜面どおりではありません。特にスラーのところは違っている箇所が多いので、フレージングはレコードを参考にします。もちろん元のヴァイオリンとも違い、これはあくまでもセゴヴィアのシャコンヌです。 


12歳ごろでしたが、なぜか学校で映画の上映会がありました。覚えているのはベルリンの壁がもたらした悲しい物語であったことと、軍服で雨の中に佇む男のシーンです。画面全体が暗く、青い色であったことも記憶に残っています。そしてなぜか、このシャコンヌが脳内で劇伴として連結されているのです。


0回の閲覧

©2015-2020  Yoji Yoshizawa