• Yoji Yoshizawa

私の音楽的ルーツ(30)

1977年から78年まで、国際基督教大学(ICU)に逆留学し、モダン・ミュージック・ソサエティ(MMS)に入りました。77年秋の文化祭で演奏している時に、同部OBでプロデューサーの木原遼元さんとジョニー野村さんがミッキーを連れて聴きに来ており、それがミッキーとの初対面でした。


MMSはビッグバンドがメインで山野のコンテストは山野さんがOBということもあり常連でしたが、小編成のコンボもあり、後者はダンスパーティでの演奏もやっていました。後に作編曲家になる外山和彦君はコンボでトロンボーンを担当していました。


ビッグバンドでは、カウント・ベイシー、ウディ・ハーマンやクインシー・ジョーンズなどのアレンジを取り上げていましたが、コンボはフュージョンブームのさなか、クルセイダーズ、ハービー・ハンコック、フレディー・ハバードなどの曲を演っていました。

前年、ニューヨークにいた頃、ギブソンのES-175の中古を持っていましたが、日本ではIbanezのジョージ・ベンソンモデルを購入し、ストラトと3本を持ち替えながらのMMS部活でした。


0回の閲覧

©2015-2020  Yoji Yoshizawa