• Yoji Yoshizawa

夏から秋へ

ニホンジカは夏場、木漏れ日の中で擬態できるよう白い斑点が体に現れ、秋から冬にはそれが消えていき、周囲の木や枯れた下層植生に合わせて茶が薄くなっていきます。先週観察した(同一テリトリー)群れは薄く斑点が見られましたが、今日はもうなくなってます。 

0回の閲覧

©2015-2020  Yoji Yoshizawa