• Yoji Yoshizawa

土地と呪術的なもの

昨日は原村近辺から茅野市のはずれのあたりを旧道など普通通らないルートで散策してみました。陽光降り注ぐ中、抜けるような青空のしたに広がる、金色に輝く田園風景などを楽しんでいるととにかく「いいところだなぁ」と嬉しいため息もでるのです。


ところがちょっと異なるシチュエーションを想像してみると、このあたりは諏訪神社の影響下にあることもあり、なんやら呪術的なものが日常の皮下にあるような気がしました。イギリスでも同様のことを古い、美しい村などに行くと感じさせる。キリスト教前、ケルトの信仰がどこか目の端に見え隠れする影から覗いているように思わせるのです。


今朝は珍しく4~5羽ほどゴジュウカラが窓の前の木に来ていました。とにかくすばしこいのでカメラで捉えるのに一苦労。





2回の閲覧

©2015-2020  Yoji Yoshizawa