• Yoji Yoshizawa

今秋のアナグマ

数年前の秋から冬は二匹のアナグマが、毎日、家に来ていました。一説によると、アナグマは母娘で行動することもあり、子育ての学習と手伝いをしているとのこと。今回、到着した日に駐車場で目撃したアナグマは一匹。未明に写っていたのは、アナグマのオスでしょうか。冬眠に備えて大きく太った姿から比べると、まだずいぶん小さく、痩せて見えます。彼らは雑食ですが、ミミズや虫の幼虫を好み、地中に探すので、せわしなく土を掘り起こしながら動くのが特徴的です。ここでは、鳥たちが落としたヒマワリの種を食べているようです。


0回の閲覧

©2015-2020  Yoji Yoshizawa