top of page
  • 執筆者の写真Yoji Yoshizawa

4年ほど前のブログで「ペスト医師」(英Plague Doctor、伊Medico della peste)に言及しました。ヨーロッパのペスト流行を背景として実在した彼らのマスクの置物を持っています。ヴェニスで購入したものですが、ペスト医師のマスクの奇異さと同時に、活動の内容に惹かれたのです。 「医師」や「Doctor」という呼称がついていますが、実態としては医療に関しては素人で、本来の意味の医師とは区別されていました。彼ら自治体から雇われており、実務の内容は感染者の報告であったと推察されます。現代の感覚では、医療の教育や資格を持っていなかったということで、彼らを軽視、蔑視することもあるでしょう。しかし、私は彼らを異なる視点から重要な存在であると思っています。 ペストという流行病はうつる、罹患すれば死ぬ可能性が高い、そのぐらいの知識しかなかった時代です。その不思議な鳥の嘴のようなマスクの形状は、薬草、藁、スパイスを詰めるためのものです。ソ連の原子力潜水艦K-19における冷却水消失事故を描いた映画を思い出します。大量の放射線を浴びることが確実な部屋に手動でしかコントロールできない装置があります。誰かがそこへ入らなければならない。送り出す上官は、意味をなさないと判りつつ、突入する若者にウェットスーツを着させるというシーンです。ペスト菌に効果などない薬草などだけを防御手段としてペスト医師たちは患者のもとへと向かったのです。 ペスト医師たちは、医師でも、司祭でもありませんでした。彼らは雇われていた素人です。当人たちは食い詰めて、危険であると知りつつも生活のためにペスト医師になったのかもしれません。 ペスト医師の重要性と最初に書きましたが、ふたつあると思っています。ひとつは統計的なデータ収集です。いつの世もデータ収集は簡単ではありませんが、中世の話です。自己申告のためにお役所や、街の中心地に集まれとも言えません。 もうひとつは、「希望」です。ペスト医師の訪問を受けた患者やその家族は、死刑宣告を受けたと捉えたことは想像に難くありません。しかし、逆に「これで治る、救われるかもしれない」との希望を持ったと考えることもできます。後者に着目すれば、人から疎まれ、避けられてきた患者に他者との接点を齎し、希望をあたえた存在としてのペスト医師が浮かんできます。ラザロの前に現れたキリストを連想したかもしれません。 心理学者のノーベルト・シュワルツは、「人生の幸福度・満足度についてのアンケート」を書いてもらうため被験者を集めました。アンケート記入の前に彼は被験者にコピーマシンへ行ってコピーを取ってもらいたいとお願いします。ひとつのグループの被験者がコピーマシンへ行くと10セント玉がおいてあります。もうひとつのグループには10セントは用意されていません。猫糞しても良心の呵責に苛まされる金額ではないと解釈するのか、10セントを見つけた被験者はそれをポケットに入れて、アンケートの記入へと戻ります。実験の結果ですが、10セントを見つけた人たちの方のアンケートでは、人生の幸福度・満足度が高くなりました。 私たちは小さな楽しみや希望を作り出したり、貰ったりしないと幸福であると自覚しづらいのではないでしょうか。空の美しさ、窓外の鳥の姿、誰かからのメッセージ…。嬉しい事は、それに気づく用意があればたくさん転がっています。メーテルリンクの青い鳥ですね。 今日はどんな「楽しみ」を見つけられたでしょうか?


閲覧数:472回0件のコメント
  • 執筆者の写真Yoji Yoshizawa

更新日:2021年11月8日

現地時間、4月14日、スティーヴン・キッスラー他による「Projecting the transmission dynamics of SARS-CoV-2 through the postpandemic period」という論文がサイエンス誌のサイトで公開されました。日本のニュースメディアも夕方のニュースで取り上げていましたが、2022年まで外出規制が必要になる可能性に言及しているものです。原文はこちら:https://science.sciencemag.org/content/early/2020/04/14/science.abb5793 社会が麻痺しないようがんばっておられる方々には本当に頭が下がります。十分な自衛処置をお取りいただきたいところです。 外出自粛されている方々は、軟禁ストレス、キャビン・フィーバーのようなものを感じ始められているのではないでしょうか。私も不要不急以外の外出を一切しておらず、ボディブローのように精神的なダメージが蓄積してきている自覚があります。EddieやOzzieの介護や、他の家庭の事情もあり、前ブログにて言及した強制スマイルをフル稼働させていました。 武漢ウイルス禍の始まりから、語学学習を始めたことはお話しましたが、さらに読書・学習も増やしました。今日までで、数十冊読破、再読しました。生物学、生態学、数学、哲学、音楽、産業技術、エマージング市場、気象学、政治哲学、経済、金融工学、心理学、歴史など手当たり次第というところです。 また、ネット上のリソースを活用するようになってきました。Youtubeには多くのバーチャル塾があり、黒板やホワイトボードに書かれて行く文字を見ながら若い頃を思い出して楽しんでいます。 墨絵の渡邊ちょんとさんに先月教えていただいたのですが、小学館は学習まんが少年少女日本の歴史を無料公開しています。外で遊べないお子さんたちをお持ちの方々もおられるでしょう。こちらがURLです。 https://kids-km3.shogakukan.cojp/ 私も「源平」のあたりまではネットで読んでいたのですが、外部ディスプレイで見ても字が小さくて読めなくなってきました。そこで意を決して紙バージョンをオーダーし、さきほど届きました。 もちろん練習は続けています。問題は作編曲、作詞です。いいようのない不安が心の奥底にあってなかなか筆が進みません。しかし、昨日、そのような状態は「ウイルスに負けている」のだと気づき、闘志に火がつきました。武漢ウイルスにより強いられるモラトリアム打破です。 暗い気持ちでいてもウイルス禍はなくなってくれません。気持ちを切り替えて、お互いがんばりましょう。


閲覧数:247回0件のコメント
  • 執筆者の写真Yoji Yoshizawa

ルネッサンス期の作家、ボカッチオの代表作である「デカメロン」は、黒死病が蔓延するフィレンツェから郊外へ避難した10人の富裕者がひとり一話づつ語った物語です。 メメント・モーリというラテン語は「死を忘れるなかれ」という意味で、キリスト教下の中世ヨーロッパでは現世の儚さを説くと同時に地獄、煉獄、天国がこの世の生の終えた者を待っているという思想が強調されるようになりました。この世での身分など関係なく、等しく、人々に訪れる死は、Dance Macabre(死の舞踏)で視覚化されているさまざまな身分を表す着衣をまとった骸骨の行進で表されています。 暗い話題かもしれませんが、当たり前の事実として人間の共通するエンディングである死は、より一層、生き方について考えさせられるものです。また限られた時間しかないのであれば、今の時を大切にしなければならないと思わせます。 武漢ウイルス禍で気持ちが暗くなるのは不自然ではありません。しかし、それに押しつぶされるよりは、メメント・モーリを意識し、大切に今を生きるように思考をコントロールすることに意味があると信じています。 1988年にフリッツ・ストラック(Fritz Strack)とレナード・L・マーティン(Leonard L. Martin)の論文(”Inhibiting and Facilitating Conditions of the Human Smile: A Nonobtrusive Test of the Facial Feedback Hypothesis")に重要な実験が挙げられています。被験者はふたつのグループに分けられ、ひとつは鉛筆を口に咥えるように指示されます。鉛筆は消しゴムと筆先が左右に別れるようにします。もうひとつのグループは、前に飛び出るように咥えるよう指示されます。前者では口がスマイルした時のそれになり、後者は口をすぼめた形になります。 被験者たちはこの状態で、マンガを見せられ、面白く感じるか尋ねられます。口の形がスマイルの被験者たちは、口をすぼめていた被験者たちより、マンガを面白いと感じたという結果が出ました。 実験デザインが一番簡単に説明できる例を挙げただけで、同様の結果はジョン・バー(John Bargh)によるものなどさまざまなものがありますが、それらの実験が指し示すのは、自分の気持ちがどうであれ、スマイルすることにより、スマイルが出てくる心理状態を作り出すことが出来るという事です。チャーリー・チャップリンの「スマイル」はこの実験結果と同じことを言っているんですね:Smile, though your heart is aching...。 不安、怒り、フラストレーションに心を奪われやすい時期ですが、心で感じていることをそのまま表情に出してしまっては負のスパイラルに陥ってしまいます。 Smile!


閲覧数:213回0件のコメント
bottom of page